スゴ本オフ忘年会に行ってきました〜本を語る行為の魅力について

スゴ本オフ忘年会 2011ベストに行ってきました。

IMG 0360

前回のスゴ本オフ@食べるは、残念ながら子供たちの空手の試合と被って行けませんでした。

しかし、今回も前回と同じ恵比寿のレンタルスペースを借りて、同じように食べたり飲んだりしながらじっくりと好きな本を紹介し合う! しかもテーマは「2011年に読んだピカイチ!」というので勇んで行ってきましたw

飲食しながらということで、いつものようにTwitterで実況できるかな〜と不安だったのですが、進行的には飲食タイムとプレゼンタイムが交互にやってくるので、テーブルの端、つまりプレゼンテーターの一番前に陣取った僕としては、いつもの麹町の会議室よりも本のタイトルとか読み取りやすくてやりやすかったです。プレゼンの時間制限がないので、遠慮無く本のタイトルを聞いたりできるのも有利でした。

詳細については、実況をTogetterにまとめたので、そちらを参照してほしいのですが、今年を代表するベストセラーになった「謎解きはディナーのあとで」もあれば、古典中の古典「千夜一夜物語」(アラビアンナイト)もあるし、演歌コミックもあれば、奈良少年刑務所詩集もあるという、バラエティの豊かさ。

スゴ本オフ忘年会 2011年ベスト

そして、紹介されたすべての本が読みたい! と思わせる楽しさを秘めていました。

毎回参加するたびに、「本について語り合う」ということが、なぜこんなに楽しいのだろう? と不思議に思いますが、この会の魅力の半分は参加する人たちの人間の魅力なのだと気がつきました。どんな本でも、そこにあるだけではただの「モノ」に過ぎませんが、それを読んで理解して共感して咀嚼して、熱く語る人がいるから、その本の魅力が伝わる。

僕は長年「本が好き!」という書評コミュニティをやっていますが、そこでもやはり魅力の源泉は、ひとりひとりのレビュアーさんの文章であったり人柄であったり知的なバックグラウンドであったりします。

本というのは、読者という触媒との化学反応があってはじめて存在の意味がわかるんだなあ、という今更かもしれないことに、感じ入りました。

今回のスゴ本オフのブックシャッフルでゲットしたのはこちら

ゲットできなかったけど、読みたかったのはこちら

読みたい本がいっぱいあって、たいへんだ〜(嬉しい悲鳴)w

 

【インタビュー】green.jp編集長 鈴木菜央さん

green.jp編集長 鈴木菜央さんインタビュー

101012_biopio_016.jpg

 鈴木菜央(@suzukinao)さんと僕はTwitterで出会った。それを出会いと言っていいかどうかはわからないが、僕は彼の知的でユーモアのあるツイートが好きで、日本のTwitterが盛り上がりだした2009年の夏にはTL上でときどき絡んだ。

 僕も在籍していた遠藤編集長時代の月刊アスキーが好きだった、なんてツイートで会話を交わしたりして、余計に嬉しくなったりしていた。

本が好き!」で『地球環境学事典』を紹介するときに、どうせなら「本を軸に地球環境を考える」企画ページを作ろうという話がでて、だったら、鈴木菜央さんに登場してもらったらいいんじゃないか? とすぐに思いついた。

 実際、鈴木さんに協力をお願いしたのは大正解で、「生物多様性」と僕らの生活の関わりをわかりやすく語ってくれた。

 だけど、それだけではなくて、インタビューでは、鈴木さんがやっているgreenz.jpについても興味深い話を聞くことができた。

 というか、僕が興味津々だったのだ。エコ専門のWebマガジンって、ちゃんとビジネスが成り立つのだろうか? どのような収益源があるんだろうか? 以前、月刊アスキーの連載でネットベンチャーの起業家たちをインタビューして回っていたときの感覚が蘇り、greenz.jpと鈴木さんご本人についても、いろいろ聞いてしまった。

 そして、せっかく話が聞けたので、ご本人に許可をいただいて、僕のブログにインタビューのほぼ全文を掲載させていただくことにした。

 COP10、生物多様性、地球環境学事典などについては企画ページで紹介しているので、一部重複はあるが、掲載できなかった部分をこちらで紹介する。

続きを読む 【インタビュー】green.jp編集長 鈴木菜央さん

転職(?)しました

ちょっと遅くなりましたが、転職のご報告。

9月3日をもちまして、株式会社ウフルを退職し、9月6日より株式会社フライングラインに入社しました。

フライングラインは、出版社の依頼を受けてネット上で本や雑誌のプロモーションを行う会社で、その事業の柱のひとつとして僕が作った「本が好き!」の運営を行っています。

今後は「本が好き!」を中心に出版関連プロモーションの仕事をしていきます。

ようやく念願かなって、自分の作ったコミュニティを、自分の信じる方向で運営していくことができるようになりました。

続きを読む 転職(?)しました

本が好き!:自然は美しいだけじゃない「ホタルの歌」

 四国の徳島県の美郷村の小学校で唐突にはじまった、原田先生と子供たちのホタル研究。

 「ホタルはいつ頃から飛び始めるのか?」 「何を食べるのか?」 「どんな場所を好むのか?」 「昼間はどこにいるのか?」 「どんな種類があるのか?」

 そんな疑問を解決するべく、原田先生と子供たちは研究グループを結成し、村の川の探索とホタルの飼育に挑戦し、試行錯誤を繰り返す。

 研究グループは、まずは本や図鑑で知識を仕入れる。ところが本に書いてあることが全部真実ではなかった。「ホタルの卵は白いアワにつつまれている」という解説を信じて、一生懸命探し、やっと見つけて大切に育てて孵したところ、それはシロオビアワフキという、ホタルに似た違う昆虫だったり、ホタルはきれいな水辺にしか棲まないとされているが、きれいではない田んぼのふちにヘイケボタルがいることを発見したり。幼虫は水中生活すると信じて、ゲンジボタルの幼虫を溺死させてしまったり。

 さまざまな紆余曲折の中で、次々と新しい発見をし、子供たちも成長を重ね、ついに研究グループは、徳島県内の小学校が競い合う発表会で研究成果を発表して一位になった。

 本書は1971年の学習研究社より発行され、38回も版を重ねたロングセラー。1998年に絶版となったが、2008年に未知谷社から復刊したものだ。

 今読んでも、古さは感じない。TVや新聞や本で得た知識で満足せず、自ら体験することこそ、自然を考えるのに一番大事なことだと教えてくれる。  

【この本の書評をブログに書いてくれる人を募集しています】

 本が好き!では、「埋もれがちな良書の情報を、まだ知らない人に届ける」ことを目標に、出版社からの献本をブロガーさんたちに届けています。

 この本を「自分のブログを通して世の中に紹介したい」と思ったら、「本が好き!」に参加しませんか?

 なお、献本を受けられる以外にブロガーにはなんの報酬もありません。書評の内容は自由です。自分のオリジナルの意見が入った真摯な文章なら本に対する批判があってもかまいません。

 お申し込みはこちらから→「本が好き!参加申し込み

続きを読む 本が好き!:自然は美しいだけじゃない「ホタルの歌」

本が好き!:人生の意味と死について子供と一緒に感じる「ぶたばあちゃん」

 田舎にすむ、おばあちゃんと孫娘の静かな暮らし。薪割り、そうじ。朝ご飯、昼ご飯、晩ご飯。たわいもない会話。お散歩。

 毎日たんたんと暮らしていく、平凡な幸せ。そこにひたひたとやって来る、ある現実。

 「老い」や「死」という、子供向け絵本ではタブーといえる領域にあえて踏み込んだ作品。

 「生」と「死」について、子供に正しく教えていくことは大切だが難しい。

 我が家では、6歳の男女の双子に母親が読み聞かせた。死に関する具体的な描写があるわけではないが、いつもはふざけてはしゃいでばかりいる子供たちが、このときばかりはまじめに、ちょっと考え込んでいたという。

 押しつけたり脅かしたりするのではなく、静かに人生の意味と死について「感じ」させてくれる。

 【この本の書評をブログに書いてくれる人を募集しています】

 本が好き!では、「埋もれがちな良書の情報を、まだ知らない人に届ける」ことを目標に、出版社からの献本をブロガーさんたちに届けています。

 この本を「自分のブログを通して世の中に紹介したい」と思ったら、「本が好き!」に参加しませんか?

 なお、献本を受けられる以外にブロガーにはなんの報酬もありません。書評の内容は自由です。自分のオリジナルの意見が入った真摯な文章なら本に対する批判があってもかまいません。

 お申し込みはこちらから→「本が好き!参加申し込み

続きを読む 本が好き!:人生の意味と死について子供と一緒に感じる「ぶたばあちゃん」