イチからブログをやり直します。

もういちど、ブログをまじめに書くことにした。

ここのところ、自分がすり減って疲弊した感じがずっとしていた。

なんでだろう? と考えたら、昔ほど楽しく文章を書くことができなくなっていた。

僕が一番楽しく文章を書いていたのは、ヒラの契約編集者でページを作りまくり、原稿を書きまくり、大手から草の根までさまざまなパソコン通信の掲示板に首を突っ込んでいた頃。今から見れば、稚拙で人まねばかりだったかもしれないが、とにかくあの頃はせっそうなく発信を続けていた。

最近書けなくなってしまったのは、いろいろと周りを意識したり、立場を考えたり、たいした実力もないのに格好を付けようとしていたからだと思う。だけど、もうそういうのは止めにして、とにかくもういちど、思ったこと、感じたことを恥ずかしげもなくさらしていく。

そこから新しい何かが生まれてくるかもしれない。奇しくも今日は僕の48回目の誕生日だ(と思ったら日付が変わっていた)。

あと、以前は長年雑誌編集者をやっていた習慣のため、記事作成に神経質になって仕事みたいに疲れるからだんだん書かなくなったというのもある。しかし、僕が雑誌編集者だったのも、もう何年も前の昔のこと。だから、今回はなるべく緩くだらだら書いていくつもり。

ブログエディタを変えてみた

ブログ用のエディタを新調してみた。最近、評判のいい「MarsEdit 3」だ。僕のこのTokyo O lifeは、自分が借りているサーバにWordPressをインストールして運用しているのだが、Mas Edit 3を使うとWordPressやMTのブログの管理画面を開かずに、ブログ記事の投稿や修正が行えるのだ。

以前は同様のソフトである。「Ecto 3」を使っていた。EctoはAmazonやFlickrやTwitterと気軽に連動させて使えるのがよかったのだが、少々不具合も感じていた。なにより、購入以来数年間まったく更新がないのが、ちょっと不安をかきたてる。ソフトはオンラインで買って、定期的にアップデートされるものと体が思い込んでいるためだ。

MarsEditは有料で現在はMacAppStoreから購入できる。インストールしてみたところ、基本的な機能はEctoとほとんど変わらない感じ。すなわち、簡易ワープロっぽい画面で文章を書いて、写真などを張り込み、投稿ボタンを押すとブログが更新される。カテゴリの管理やトラックバックの送信もできる。

marsedit3

この記事がMarsEditによる最初のエントリなので、このあとどうなるかはわからないけど。より詳しい解説は以下を参照して欲しい。

「etco3」の対抗馬?Mac用ブログエディタ「MarsEdit 3」を試す 〜「ecto3」と「MarsEdit 3」を比較してみる〜