日本のソーシャルの概念は遅れている? 間違っている?

 先日、TechWave.jpの記事を中心に「ソーシャル」とはなんぞや?という騒動があった。

 大学生が古典的な「SNS」の定義を持ち出して、最近の日本では間違った「ソーシャル」の定義が蔓延していると、ちょっと上から目線で批判。

 それに対して、佐々木俊尚さんが、「この記事は100%間違っている」とツイートで批判したあたりから、いろんな意見が交わされている。

 Togetter – 「蔓延する誤った「ソーシャルメディア」の定義 大学生が書いたTechWaveの記事への反応まとめ」 

http://togetter.com/li/71864

 で、それに対して、Market Hackにこんなエントリが載っていた。

先日「MarketHack」の姉妹ブログ・メディア、「Techwave」に水谷さんというブロガーが「蔓延する誤ったソーシャルメディアの定義」という勇気ある寄稿をしたら、それが一部の「識者」からボコボコにされました。

僕は水谷さんはぜんぜん間違ったことは言っていないと思います。

(中略)

アメリカのソーシャルは実名で自分の親とかバアちゃまとか学校のセンセーとか職場の上司とか元カノジョとか自分がクビにした元部下とか、そういう人間関係がとぐろを巻いてウネウネした状態で爆走している、、、そういうものなのです。

そこへゆくと日本のソーシャル・メディアは未だ使いたい人たちだけがOpt-in(自ら進んで参加)する状態であり、そんな状態しか未だ経験してないくせに、このグチャグチャ状態も知らずして、ソーシャルを語ることなかれ。

[From 僕の息子が入院した日 ソーシャル・メディアと実際の友人・知人の気まずいカンケー – Market Hack(外国株ひろば Version 2.0) – ライブドアブログ]

 この批判は、的外れだと思う。 問題はSNSという場をどう捉えているかということ。

 アメリカが進んでいて日本が遅れている、という話ではない。

続きを読む 日本のソーシャルの概念は遅れている? 間違っている?