トランプやろうよ

年末年始、妹夫婦と姪と甥がやってきた。姪が小学校5年生、我が家は男女の双子の4年生、甥が2年生と年が近く、男女二人ずつとバランスが良いせいかとても仲が良い。来る度によく遊ぶのだが、最近ちょっと気になっていたことがある。

放っておくと、DSばかりやっているのだ。全員が1台ずつ持っているので、お互いに情報交換したり通信したりもしながらではあるけど、せっかく従兄弟同士集まったのに、無言で液晶ディスプレイを見つめてばかりでは味気なさ過ぎる。普段は1日1時間だけとルールはあるのだけど、親戚が集まった場という特殊性のせいか、そんなルールもなし崩しになってしまう。

しかし、単に「DSばっかやってちゃダメ」と言ってもなかなか改善はしない。ほかに面白い遊びを知らないから、そうなるのだ。ということで、今回の年末年始はトランプで遊ぶことにした。

2013 01 07 08 08 13

最初は、「ババ抜き」。次に「ジジ抜き」。「神経衰弱」に「七並べ」。けっこう、子供たちは楽しんでくれる。ただ、この程度のトランプゲームだと飽きが来るのも速い。複雑なデジタルゲームに鍛えられた小学校高学年を熱中させるには、より高度な戦術と知略を必要とするゲームが必要だろう。

息子が、最近児童館で「UNO」をやって楽しかったというので、UNOのトランプ版である「ページワン」をやってみる。僕自身もページワンなんて、20年ぶりぐらいなのでウロ覚えだ。iPhoneでWikipediaを読みながらルールを確認した。最初に子供たちに教えたルールが、Wikipediaとかなり異なっているので冷や汗をかいたが、よく読むとそこに書いてあったのは「ヨーロピアン・ページワン」のルールで、僕が子供の頃よくやったルールは「アメリカン・ページワン」だとわかった。

やっているうちに段々思い出してきて、僕も面白くなってくる。最後から2枚目のカードを場に出すときに「ページワン!」と宣言しないと、場に出ているカードをすべて貰わなければいけない、という罰ルールを導入することで、緊張感がぐっと増してくる。昔から熟成されてきたトランプゲームのルールってよくできているなと感心する。

ページワンの次は「大貧民」。シンプルでスピード感のあるルールは中毒性が高い。そういや大学生のころ、スキーに行った夜に延々とやったりしたよなあ、などと懐かしみつつ、これもWikipediaでルールを確認した。僕はこのゲームを「大貧民」とずっと呼んでいたけど「大富豪」という名称の方がより一般的だそうだ。

甥と姪の滞在中は、ほぼ毎日、夕食のあとはトランプで遊ぶのが定着した。一度、TVの警察ドキュメント特番に子供たちがハマって、食い入るように見続けていたときも、「今日はトランプなしでいいの?」と聞くとアッサリとTVを切り上げてトランプに移行したので、よほど気に入ったらしい。

「もっと、ほかのゲームも憶えたい!」というので、「ポーカー」を教えてみることにした。まずは、ワンペア、ツーペア、スリーカード…と役を教えるが、いきなり短時間で全部憶えられるわけもない。最初は全員の手を見ながら、どれを残してどれを捨てるかアドバイスしていく。そのうちに段々とコツが飲み込めてくるので、「あとは自分で考えてやってごらん」とちょっと突き放す。

「ポーカーは本当はチップをかけて、そのチップの数を競うゲームなんだ」

「へー」

「だから、1回、1回の勝ち負けや役の出来よりも、自分が有利なときにチップをたくさん賭けて稼いだり、ときには役がなくてブタのときにもブラフだけ勝ってチップを奪うこともあるんだ」

「へー!!」

どうも、「チップの奪い合い」というのが、子供たちの心に刺さったらしい。ふだん金貨を稼ぐようなデジタルゲームに親しんでいるためだろうか?

翌日はなんと、「ポーカーのチップも持ってきて!」というリクエストが事前に電話できた。10年ぶりくらいにポーカーチップのセットを掘り起こしてもっていく。

前日も盛り上がったけど、チップをかけ出すと、熱中度のレベルが違う。役がなくてもチップを積み上げたり、ワンペアを捨てて勝負に出て見事にフラッシュを作ったり、あっという間に小さなギャンブラーたちが誕生していた。ちょっと意外なくらいの勝負感覚の強さ、思い切りのよさは、やはりDSやWiiのゲームで培われたものなのかもしれない。

次の春休みかGWには、「セブンブリッジ」でも教えようか? いずれは花札や麻雀も教えたい。今はネットで簡単にルールを調べることができるし、無料のオンラインゲームで腕を磨くことも出来る。デジタル全盛の今の時代こそ、リアルのテーブルゲームをより楽しむことができるのかもしれない。そして、人と人のリアルな駆け引きとコミュニケーションを知ることは、子供たちのこれからの長い人生にきっと役立つと思うのだ。

【参考】 

トランプスタジアム http://playingcards.jp/
FLASHによる、無料トランプゲームのサイト。ババ抜きや七並べから、ダウト、51、ページワン、セブンブリッジ、ポーカー、ブラックジャックなどなど有名なトランプゲームはほとんどカバーしている。
ルールの解説を読んで、オンラインゲームをすれば懐かしいゲームを楽しみながら思い出すことができる。

 

 

関連記事

投稿者:

ともゆき@zubapita

ともゆき@zubapita

作ったモノ 雑誌:月刊アスキー(デスク)、アスキー.PC(副編集長)、インターネットアスキー(編集長)、アスキーPCエクスプローラー(編集長) Webサイト:東京グルメ/ライブドアグルメ、映画を語ろう、本が好き 著書:「Twitter 使いこなし術」「facebook 使いこなし術」 最近は、株式会社ブックウォーカーにて、「BWインディーズ」をやってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>