au版iPhone 4Sを買いました

10月14日の発売日にiPhone 4Sを買った。ソフトバンクのiPhone 3GSからMNPを使って乗り換えた。
ソフトバンクからauに変えた理由はただひとつ。肝心な場所で電波が入らないことがあったから。

まず、実家に帰ると電波がほとんどはいらない。実家はぼくの家から徒歩一分のところにあるのだが、目の前に都営の団地があるせいか極端に感度が落ちる。僕の両親はソフトバンクのガラケーだが、「電波が入らない」という話はきかないのでiPhoneの感度の悪さもあってのことかもしれない。

通勤時の電車の中でスループットが落ちるのも非常に不満だった。iPhone 3Gを使い始めたころはそんなことはなかったのだが、iPhone人気が高まるにつれ、朝のラッシュ時の東横線、日比谷線での使い心地は悪化していった。Twitterで流れてきたURLを開こうとして、何分もかかったり、開くことができないことも珍しかった。

また郊外で入らないのも困った。我が家はここ数年、お盆になると九十九里にある国民宿舎「サンライズ九十九里」に奥さんの両親といっしょに泊まるのが恒例なのだが、ここではiPhoneもiPadもほとんど使い物にならない。今までは休暇中のことなので仕方ないと思っていたのだが、今年の夏は運悪く九十九里にいる間に「本が好き!」のサーバーに障害が起きてしまった。
運良く第一報はiPhoneで受けられたのだが、その後ほとんど電話もメールもできず、公衆電話では10円玉がいくらあっても足らず、ほとほと困った。結局、奥さんが買ったばかりのAndroidケータイ「Medius WP」に僕のGoogle Appsのアカウントをセットして、なんとか会社に指示を出すことができた。

というようなことが続いたので、「次のiPhoneはSIMフリー端末をドコモ回線で使おうか」と思っていたところにauから発売されたことがアナウンスされて、いちもにもなく飛びついた。

■速度はともかく、すぐつながるのは快適

iPhone 4Sの発売直後から、さまざまなサイトでソフトバンク回線とau回線の比較結果が公開されている。
それらを見るとソフトバンク圧勝な場合もauがダントツに成績がいい場合もあり、通信速度に関してはそれほど明確な差はないようだ。

ただ、僕の利用範囲ではかなり快適になった。まず実家でスイスイ接続できるようになった。通勤はまだラッシュ時に使っていないが、地下鉄日比谷線利用時に、駅についてすぎに電波を捕まえて利用可能になるのがありがたい。ソフトバンクだとどの時間帯でも、駅についてもなかなか電波が利用可能にならないか、駅によっては最後まで使えないこともあった。
この電波を捕まえる速さについては、僕だけでなく複数のテストレポートが報告しているので、KDDIの電波網の良いところだと考えてよいだろう。

今日はこれから子供たちの空手の試合で、群馬県伊勢崎市に行ってくる。道中の使用感については、Twitterからリアルタイムにレポートしたいと思う。

関連記事

投稿者:

ともゆき@zubapita

ともゆき@zubapita

作ったモノ 雑誌:月刊アスキー(デスク)、アスキー.PC(副編集長)、インターネットアスキー(編集長)、アスキーPCエクスプローラー(編集長) Webサイト:東京グルメ/ライブドアグルメ、映画を語ろう、本が好き 著書:「Twitter 使いこなし術」「facebook 使いこなし術」 最近は、株式会社ブックウォーカーにて、「BWインディーズ」をやってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>