Apple A4についてのメモ(iPhone CPU比較表付き)

iPadやiPhone 4に搭載されている「Apple A4」について、ちょっと気になったので調べてみた。

Apple A4は、CPUやGPUを統合したシステムチップだ。 Appleがデザインし、Samsungが製造している。iPhone 3GSと同じCPUとGPUをワンチップに集積し、1GHzにクロックアップしたものとして紹介されている。しかし、CPUクロックが600MHzから1GHzになった程度では、それほど劇的な性能アップにはならない。それで画面解像度が4倍になったら動作はもっさりと遅くなるはずだが、iPadは軽快に動作する。さらにHDクオリティのビデオ再生までこなす。その秘密はどこにあるのだろう?

Apple A4の内訳を見ると、CPUにはARMのCortex-A8、 GPUにPowerVR SGXを採用している。これらは、最近の高性能スマートフォンによく採用されているポピュラーなもので、Apple独自のものはない。前にA4を分解して分析した記事で「ここには新しいものは何もない」と評したものもあった。しかし、さらに調べるとA4が単なる集積チップではないことがわかる。

201006090541.jpg

CPUのCortex-A8は、ARMが2005年10月に発表した携帯機器向けのCPUだ。スマートフォン向けCPUとしてヒットしたARM11と同等の消費電力で「デスクトップPC並の性能を発揮する」とされた。Cortex-A8は、iPhone 3GSに採用されたほか、クアルコムのスマートフォン向け統合チップ「Snapdragon」にも採用され、XperiaなどのAndroidフォンにも搭載されている。

Apple A4の場合、Cortex-A8コアを1GHzで駆動するだけでなく、L2キャッシュを標準の256KBから2倍以上の640KBに増やし、メモリとのデータバスも倍の64bit幅に拡張している。これがiPadやiPhone 4の圧倒的なパワーの源泉だ。

GPU部分はPower VR SGX 535 + VXD375だという。Power VR SGX 535もモバイル機器のGPUとして非常に成功した製品で、IntelのAtom向けチップセットのGMA500にも採用されている。iPhone 3GSのGPUは当初PowerVR SGX 520だとされたが、その後iPhone OSにSGX 535のドライバが含まれていることやベンチマーク結果からSGX 535であることが定説となっている。つまり、GPUはiPhone 3GSもiPad / iPhone 4も変わらないことになる。

果たして、同じGPUで4倍の広さの画面をより速く表示できることが可能なのだろうか? Cortex-A8を拡張したように、PowerVR SGX 535でもデータバスの拡張が行われたりしていないのだろうか?

VXD 735はPowerVRのビデオデコード用のIPコアで、HDクオリティのビデオをデコードできるという。iPhone 4がHDビデオを撮影・編集できるのは、このVXD 735の採用が効いているのだろう。

最後のポイントは消費電力で、A4の採用によって、iPadやiPhone 4はロングバッテリーライフを実現していると、Appleはいう。

2007年にAppleが買収したCPU設計会社のP.A. semiは、低消費電力でハイパフォーマンスなCPUを作ることを得意としていた。A4にはP.A. semiのチームは関与していないという説も流れたが、iPadの驚異的なバッテリの持続時間を見ると、そこにP.A. semiの技術の存在があるのではないかと感じる。

ただ、残念なことのP.A. semiのメンバーの多くは、iPad発表後にAppleを離れて別会社を設立したそうだ。彼らがAppleに在籍し、A4プロセッサを作り上げる課程で、その技術の遺伝子が多少なりともAppleに継承されていれば、いいのだが。

iPhone CPU比較表

機種名 iPhone 3G iPhone 3GS iPhone 4
システムチップ Samsung S3C6400 Samsung S5PC100 Apple A4
CPUコア ARM1176/412MHz Cortex-A8/600MHz Cortex-A8/1GHz
CPU L1キャッシュ 16KB+16KB 32KB+32KB 32KB+32KB
CPU L2キャッシュ N/A 256KB 640KB
CPUメモリバス幅 32bit 32bit 64bit
GPUコア PowerVR MBX-Lite PowerVR SGX 535 PowerVR SGX 535 + VXD 375
RAM 128MB 256MB 256MB

参考

[Apple A4]

Apple A4 – Wikipedia, the free encyclopedia

iPadを分解、高速なメモリー・アクセスが可能なことが明らかに | EE Times Japan

[ARM Cortex-A8]

ARM:コア・ファミリ (Cortex A8)

ITmediaニュース:携帯機器でデスクトップPC並みの性能──ARM「Cortex-A8」

ARMアーキテクチャ – Wikipedia

[iPhone 3GSのハードスペック]

iPhone 3G Sは、Cortex A8プロセッサとPowerVR SGXGPUを搭載か | iPhone 3G Wiki blog

iPhoneとiPod touchの違い – iPhone 3G DevWiki

Apple drops space in ‘iPhone 3G S’ – AfterDawn

[Apple A4とP.A. semi開発チーム]

【後藤弘茂のWeekly海外ニュース】 iPadにカスタムチップを開発したAppleの戦略

「Apple A4」プロセッサの開発メンバー、アップルを去る | EE Times Japan

[PowerVR]

PowerVR – Wikipedia, the free encyclopedia

PowerVRとは – Weblio辞書

[Snapdragon]

ケータイ用語の基礎知識 第409回:Snapdragon とは

Snapdragon (processor) – Wikipedia, the free encyclopedia

関連記事

投稿者:

ともゆき@zubapita

ともゆき@zubapita

作ったモノ 雑誌:月刊アスキー(デスク)、アスキー.PC(副編集長)、インターネットアスキー(編集長)、アスキーPCエクスプローラー(編集長) Webサイト:東京グルメ/ライブドアグルメ、映画を語ろう、本が好き 著書:「Twitter 使いこなし術」「facebook 使いこなし術」 最近は、株式会社ブックウォーカーにて、「BWインディーズ」をやってます。

“Apple A4についてのメモ(iPhone CPU比較表付き)” への3件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>