[挑戦] iPhone 3GにAndroidをインストール

 昨日、Android OSをインストールするために、iPhone 3GをJail Breakし、ファームウェアを3.1.2にダウングレードした。

 今日は、Androidをインストールするための条件や手順を調べてみると、先日の記事の時点から状況が急進展していたことがわかった。

 PC WEEKに記事が執筆された時点では、Linuxの稼働環境を作って、そこからiPhoneにSSHでログインし、手作業でコマンドをひとつひとつ打ち込んでいく必要があった。

 現在は、Mac OS Xから、ほぼ全自動で必要な作業を行ってくれるiPhodroidというインストーラが作られていた。

 iphodroidで、iPhoneにAndroidをインストールするための条件は以下のとおり。

  • iPhone 2Gか3G(3GSは不可)。
  • Jail Breakされていて、Firmeware 3.1.2であること。
  • OpenSSHがインストール済みであること。
  • iPhoneのIPアドレスがわかっていること。
  • 「自動ロック」の設定が「しない」になっていること。

OpenSSHのインストールは。Jail BreakしたときにiPhone上にインストールされたCydiaで行う。手順

IPアドレスは、iPhoneの「設定」→「一般」→「ネットワーク」→「Wi-Fi」で現在のネットワークの「>」をタップすると確認できる。手順

自動ロックは同じく「設定」→「一般」→「自動ロック」で「しない」に設定。手順

 これで、Andoroidインストールの準備は整った。

 あとは。iphodroidのインストーラを Updates からダウンロードして起動し、画面の指示に従って作業する。所要時間は10分ほど。

 今回、使用したのは5月28日付けのiPhoDroid_0.5beta.zip。最初のIPアドレスを入力することと、途中でiPhoneを再起動して「Scroll mode」にする以外は、たいした作業はない。

 やがて、iPhoneの画面にペンギンのイラストや、「IDOROID」のロゴが表示されて「キター」と思ったら、途中で無限ループ的にiPhoneの画面に文字が表示され、Androidの起動画面にたどり着くことはできなかった。orz

 しかし、http://www.iphodroid.com/ のトップ画面には、6月3日付けで作者のメッセージが表示されている。新しい機能を搭載したiPhoDroidのニューバージョン0.6を準備中なのだそうだ。リリースされたら、再チャレンジする。

関連記事

投稿者:

ともゆき@zubapita

ともゆき@zubapita

作ったモノ 雑誌:月刊アスキー(デスク)、アスキー.PC(副編集長)、インターネットアスキー(編集長)、アスキーPCエクスプローラー(編集長) Webサイト:東京グルメ/ライブドアグルメ、映画を語ろう、本が好き 著書:「Twitter 使いこなし術」「facebook 使いこなし術」 最近は、株式会社ブックウォーカーにて、「BWインディーズ」をやってます。

“[挑戦] iPhone 3GにAndroidをインストール” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>