Twitter活用術 – フォローを増やすためにすべきこと

 いまさらだけど、最近リムッター( http://twitter.com/remtter )をフォローした。1日1回くらいのペースで、自分をリムーブ(=フォローを止める)した人をDM(ダイレクトメッセージ)で教えてくれるボットだ。幸いにして、そんなにダイレクトメッセージはこない。

 ところで、リムーブされるのは別にいいんだけど、「なぜリムーブされたんだろう?」というのは、やっぱり少し気になる。

 最近なんとなく分かったのは、僕がフォロー返ししないから、リムーブされることがあること。逆に言うと、フォロー返しされることを期待してフォローしているようだ。いや、正直言って僕もはじめの頃はそうだった。

 ここで言っておきたいのは、フォロー返しのためにフォローを増やすことは、あんまり意味がない、ということだ。

 フォロワーというのは本来、あなたのツイートを「面白い」と思って読んでくれる「固定読者」だ。その固定読者としてのフォロワーが増えるのは嬉しい。 

 フォロワーが増えて、返信やリツイートが増えれば、Twitterがより楽しくなる。だから、フォロワーを増やしたい。

 だからといって、フォロー返しを期待して、無差別にフォローして、フォロワーを増やすのは、どうだろうか?

 フォロワーを増やしたいなら、面白いことをつぶやいたり、役に立つ情報を発信して、あなたに興味をもってもらう。それしかない。

 それには、へたな鉄砲数打ちゃ当たる。まずはツイートの回数を増やしてみる。

 もっとも、ただ単なる「昼飯にカレーを食った」とかでは、読む側が面白いわけがない。

 では、読む側も面白いツイートとは何だろう? 簡単に言えば、自分が面白いと思うことは、どこかの誰かにとっても面白い、ということだ。

  • 自分が興味をもったことを、ツイートする
    • 面白い、重要と思ったURLをツイートする。
    • 面白い、楽しい、美味しい現場を写真にとってツイート
    • 面白い、本や映画やテレビについてツイート
    • 自分が面白いと思ったツイートをリツイートする
  • 疑問に思ったことを、ツイートする。
  • 反論や捕捉をリツイートする。

 こうして地道にフォローとツイート、リツイートをしていれば、必ずフォロワーは増えていく。

 こんな感じに(僕の例)。

screenshot_01.jpg

 最近、ちょっと急に増えているけど、それは本が発売されたから。あとは、地道にツイートし続けた結果です。

 ただ、フォロワーがまったくいないと、ツイートする意味がないのも事実。

 だからまず、自分となにか共通点のあるユーザーを探し、フォローする。そして、リツイートや@返信のときに「あなたと同じ趣味(仕事/学校/地域)です。フォローしてください」とコメントをつけてみるのはどうだろう? それでフォローしない人は少ないだろう(有名人にするのは止めましょうね、みんながしたら迷惑だから)。

 もし、あからさまに言うのが恥ずかしいなら、ハッシュタグ「#followmeJP」をツイートに付けておく。読んで字のごとく、「私をフォローして!」という意味のハッシュタグだ。けっこう認知されているので、それなりに効果はある。ハッシュタグの前後には半角スペースを忘れずに。


Twitter使いこなし術 パワーユーザー100人の「技」を公開 (アスキー新書)(根岸 智幸)

関連記事

投稿者:

ともゆき@zubapita

ともゆき@zubapita

作ったモノ 雑誌:月刊アスキー(デスク)、アスキー.PC(副編集長)、インターネットアスキー(編集長)、アスキーPCエクスプローラー(編集長) Webサイト:東京グルメ/ライブドアグルメ、映画を語ろう、本が好き 著書:「Twitter 使いこなし術」「facebook 使いこなし術」 最近は、株式会社ブックウォーカーにて、「BWインディーズ」をやってます。

“Twitter活用術 – フォローを増やすためにすべきこと” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>