本が好き!:人生の意味と死について子供と一緒に感じる「ぶたばあちゃん」

 田舎にすむ、おばあちゃんと孫娘の静かな暮らし。薪割り、そうじ。朝ご飯、昼ご飯、晩ご飯。たわいもない会話。お散歩。

 毎日たんたんと暮らしていく、平凡な幸せ。そこにひたひたとやって来る、ある現実。

 「老い」や「死」という、子供向け絵本ではタブーといえる領域にあえて踏み込んだ作品。

 「生」と「死」について、子供に正しく教えていくことは大切だが難しい。

 我が家では、6歳の男女の双子に母親が読み聞かせた。死に関する具体的な描写があるわけではないが、いつもはふざけてはしゃいでばかりいる子供たちが、このときばかりはまじめに、ちょっと考え込んでいたという。

 押しつけたり脅かしたりするのではなく、静かに人生の意味と死について「感じ」させてくれる。

 【この本の書評をブログに書いてくれる人を募集しています】

 本が好き!では、「埋もれがちな良書の情報を、まだ知らない人に届ける」ことを目標に、出版社からの献本をブロガーさんたちに届けています。

 この本を「自分のブログを通して世の中に紹介したい」と思ったら、「本が好き!」に参加しませんか?

 なお、献本を受けられる以外にブロガーにはなんの報酬もありません。書評の内容は自由です。自分のオリジナルの意見が入った真摯な文章なら本に対する批判があってもかまいません。

 お申し込みはこちらから→「本が好き!参加申し込み


ぶたばあちゃん

  • マーガレット・ワイルド文/ロン・ブルックス絵/今村 葦子訳
  • あすなろ書房
  • 1575円

Amazonで購入
書評/児童

関連記事

投稿者:

ともゆき@zubapita

ともゆき@zubapita

作ったモノ 雑誌:月刊アスキー(デスク)、アスキー.PC(副編集長)、インターネットアスキー(編集長)、アスキーPCエクスプローラー(編集長) Webサイト:東京グルメ/ライブドアグルメ、映画を語ろう、本が好き 著書:「Twitter 使いこなし術」「facebook 使いこなし術」 最近は、株式会社ブックウォーカーにて、「BWインディーズ」をやってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>