MacFUSE 2.0+sshfsで遠隔ディスクを読み書き

「MacFUSE 2.0」がリリースされたのを機会に、sshfsを使ってLinuxサーバのディスクをMac OS XのFinderから読み書きできるようにした。

MacFUSE 2.0ではソフトウェア全体に渡り64ビット化されたほか、来年リリース予定のOS X 10.6への対応、DTrace対応の強化など、さまざまな新機能の追加や機能強化が行われている。

現状、もっとも有用なMacFUSEの利用法としては、NTFSの読み書きが挙げられるだろう。FUSEを使ったファイルシステムとして、ほかにもSSH経由でリモートマシンのファイルを読み書きするSSHFSなど、ユニークなものが登場している。

[From スラッシュドット・ジャパン | 「MacFUSE 2.0」 リリース]

screenshot_01.jpg

 世の中にはさまざまなOSとファイルフォーマットがある。MS-DOSの時代から受け継がれてきた「FAT(32)」、現在のモダンなWindowsの標準フォーマットである「NTFS」、Mac OS Xの標準フォーマット「HFS+」。ファイルフォーマットを読み書きするためには、そのためのファイルシステムが必要だ。Mac OS Xは、FAT32の読み書きはできるが、NTFSの読み書きはできない。Mac OS XでNTFSを自由に読み書きできるようにするのは、OSのファイルシステムを拡張しなければならない。

 OSのファイルシステムを、より簡単に拡張できるようにするソフトウェア基盤がFUSE。提供されるプラグインで対応ファイルシステムを増やすことが出来る。

 MacFUSEで使えるプラグインのひとつに「sshfs」がある。暗号化された安全な通信を行えるsshを使って、遠隔地のサーバのディスクを読み書きできるようにしてくれる。sftpとかscpとか面倒なことなしに、Finderでファイルとフォルダの操作ができるようになる。

 今年夏、グリーのCTOの藤本さんにインタビューでMac OS Xで愛用しているソフトを聞いたときにも、このsshfsが入っていた。

インストールは簡単。ただし、Terminalの操作がちょっと必要。

【インストール編】

(1) MacFUSEのインストール

MacFUSE 2.0のページから最新版をダウンロードしてインストールする。

インストールしても特になにも変わらないが、システム環境設定に「MacFUSE」の項目ができて、ここでアンインストール、再インストール、アップデートができるようになる。

screenshot_02.jpg

(2) sshfsのインストール

sshfsのページからLeopard用のバイナリTiger用のバイナリをダウンロードする

ダウンロードしたバイナリを解凍すると、「sshfs-static-leopard」みたいなUNIXの実行ファイルが出てくるので、sshfsにリネームし、パーミッションを実行可能にしてから、/usr/binなど、パスの通ったディレクトリに置く。

例)

$ cd ~/Doownload

$ mv sshfs-static-leoprd sshfs

$ chmod +x sshfs

$ sudo mv sshfs /usr/bin

(3) 遠隔地サーバのディスクをマウントするためのディレクトリを作っておく

例)

$ mkdir ~/mount

$ mkdir ~/mount/zubapita

【実践編】

(1) sshfsコマンドを使って遠隔地サーバのディスクをマウント

sshfs ユーザー名@ホスト名:ディレクトリ名 マウント用ディレクトリ

例)

$ sshfs tomoyun@www.zubapita.jp:/home/tomoyun ~/mount/zubapita

warning: ssh nodelay workaround disabled

kextload: /Library/Filesystems/fusefs.fs/Support/fusefs.kext loaded successfully

ちょっと警告が出るが、いまのところ問題なく使えている。

なお、ユーザー名は省略できる。

$ sshfs www.zubapita.jp:/home/tomoyun ~/mount/zubapita

これで、遠隔地サーバのディスクも、Finderやテキストエディタで普通に読み書きできる。

(2) 作業が終わったら、アンマウント
例)
$ umount ~/mount/zubapita
sshfsの詳しいオプションは、sshfsのwikiを見てください。

関連記事

投稿者:

ともゆき@zubapita

ともゆき@zubapita

作ったモノ 雑誌:月刊アスキー(デスク)、アスキー.PC(副編集長)、インターネットアスキー(編集長)、アスキーPCエクスプローラー(編集長) Webサイト:東京グルメ/ライブドアグルメ、映画を語ろう、本が好き 著書:「Twitter 使いこなし術」「facebook 使いこなし術」 最近は、株式会社ブックウォーカーにて、「BWインディーズ」をやってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>