Eye-FiとWi-Fiルータでどこでも写真送信

ちょっと乗り遅れましけど、デジカメ用のSDメモリカードに無線LAN機能をつけた「Eye-Fi」の国内版が発売される、というニュース。


Eye-Fi Share SD型ワイヤレスメモリカード 日本版(正規品)(Eye-Fi Inc)

本ブログでも、もっとも人気がある記事の1つがこちらの記事:
「nobilog2: 小さいながらも大きな感動!Eye-Fiカード」

このEye-Fiが、ついに日本で発売されることになりました

[From nobilog2: Eye-Fi国内発売!Explorerへのアップグレードサービスに期待!]

例によって、先端技術物のアンテナが高いnobiさんたちが、今年の前半からずっと話題にしていた。

Eye-Fiは、デジカメ用のSDメモリカードに無線LANとファイル転送機能を搭載したもの。

これで写真を撮ると、自動的にPC/MacやFlickerなどの写真共有サービスに画像ファイルを転送してくれる。

Eye-Fiの弱点は、公衆無線LANサービスの対応が難しいこと。BBモバイルなどの公衆無線LANサービスは、WebブラウザでユーザーIDを入れなきゃならないが、Eye-Fiにはユーザーインターフェイスがないから使えない可能性が高い。

でも、大丈夫。この問題を解消する持ち運び可能な無線LANルータが、続々と登場しつつある。

「ポータブルWi-Fiルータ」と呼ばれるこれらの製品は、ケータイの3GやPHSのデータ通信をWi-Fi化するもの。

すでにイーモバイルのUSBモデムに対応した「PHS3000」という製品が発売されている。


Cradlepoint PHS300 Mobile WiFi アクセスポイント IEEE802.11b/g 黒 122×73×18.5 内臓バッテリ1800mAh(Cradlepoint)

さらに、来年には、ウィルコムからPHS回線とエネループ乾電池を使った「どこでもWi-Fi」が、米国ではクレジットカードサイズで3G通信機能と4時間のバッテリ駆動が可能な「MiFi」が登場する。

ケータイ(特にiPhone)のデジカメ機能に満足できない僕のような人には、楽しいニュースだ。

関連記事

投稿者:

ともゆき@zubapita

ともゆき@zubapita

作ったモノ 雑誌:月刊アスキー(デスク)、アスキー.PC(副編集長)、インターネットアスキー(編集長)、アスキーPCエクスプローラー(編集長) Webサイト:東京グルメ/ライブドアグルメ、映画を語ろう、本が好き 著書:「Twitter 使いこなし術」「facebook 使いこなし術」 最近は、株式会社ブックウォーカーにて、「BWインディーズ」をやってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>