iPhoneブームは終わったのか?

7月から8月にかけて大ブームだったiPhoneだが、世の中的には沈静化の方向にあるのだろうか?
Google Trendsで、日本国内のiPhone関連検索の数を、同じモバイル系のEee PC、DS、PSP、Androidと比べてみた。

screenshot_05.jpg

こうやって見ると、iPhone発売日以降の検索数は、ゲーム機であるDSやPSPと、情報機器色が強いEee PCやAndroidケータイの中間に位置する。また、ニュース参照数では、圧倒的にiPhoneが多い。

世間的には、「iPhoneは日本のケータイ文化になじまない」なんて声もけっこうあるが、単一の商品としてこれだけの関心を持たれ続けているのは、たいしたものだと思う。

むしろ、iPhoneの盛り上がりはこれからだと思う。理由は以下の通り。

(1) iPhone OSの着実なアップデート

先日リリースされたiPhone OS 2.2では、Webブラウザ「Safari」の安定性やパフォーマンスの向上、「Google Maps」がストリートビューや電車や車の経路探索に対応するなど、実用度が大幅にあがった。電波の感度やバッテリの持続時間も発売当初に比べると、飛躍的に向上した。

思えば、Mac OS Xも発売当初の10.0や10.1では、ひどいものだったけど、着実なアップデートを重ねて、いつの間にかWindowsをはるか後ろに置いてきぼりにしてしまった。iPhone OSも同じような道を辿るだろう。

(2) ソフトバンクのサービス向上

いろいろ批判が多かったソフトバンクのサービス体制やインフラも少しずつ良くなっている。

特に12月から、BBモバイルの公衆無線LANサービスが気軽かつ無制限に利用できるようになったことは素晴らしい。

iPhone OS 2.2が絵文字に対応したことや、ポッドキャストの単独ダウンロードが可能になったことと合わせて、使い道が広がってきた。

(3) アプリの充実

iPhoneの大きな魅力のひとつが膨大な専用アプリの数だ。発売当初からしばらくは「とりあえず作ってみました」的なものばかりだったが、実用系もホビー系もゲームも、本格的な使用に耐えるものが続々と現れてきた。

来年以降、iPhoneは、DSやPSPとならぶモバイルプラットフォームになることだろう。

関連記事

投稿者:

ともゆき@zubapita

ともゆき@zubapita

作ったモノ 雑誌:月刊アスキー(デスク)、アスキー.PC(副編集長)、インターネットアスキー(編集長)、アスキーPCエクスプローラー(編集長) Webサイト:東京グルメ/ライブドアグルメ、映画を語ろう、本が好き 著書:「Twitter 使いこなし術」「facebook 使いこなし術」 最近は、株式会社ブックウォーカーにて、「BWインディーズ」をやってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>