avexがオタクに嫌われる理由

asahi.comで褒められてたアニメ「かんなぎ」を見てみたらあんまり良かったので、久しぶりにニコ動に行ってみた。
わずか3話しか放映されてないのに、続々とMADや聖地巡礼や歌ってみたや踊ってみたが上がっている。「ハルヒ」や「らき☆すた」に続いて全世界のオタクに3度目のヤマカンブーム到来の予感。

それはともかく、「王道進行」というのが今のニコ動の一番の話題らしい。
日本人はユーロビート的コード進行が大好きで、過去30年間ヒット曲に使われ続けてきたけど、最近はコード進行だけに頼った凡曲が多すぎるんじゃないか? という問題定義をした動画が人気を呼んでいるのだ。

その最後にヤリ玉にあがっているのが、「GIRL NEXT DOOR」。avexの創立20周年を記念して大々的に売り出されている男2名(キーボード、ギター)+女性ボーカルの3人組。2ndシングルの「Drive away」のヘソ出しミニスカで踊りまくってるCMがガンガン流れていますね。
この「Drive away」と1stシングルの「偶然の確率」のサビがほとんど工夫無く王道進行に頼っているそうだ。

生憎なことに、avexはニコニコ動画でもGIRL NEXT DOORのプロモーションを展開していて、「偶然の確率」のMAD作成を募るキャンペーンをやったり時報を流したりしている。
これにavexが嫌いなオタクたちが猛反発して、「偶然の確率」と「Drive away」が叩きコメントで荒れまくっている。「王道進行」も叩きの根拠のひとつになっている。
(せっかく、赤字に悩むニコ動をコンテンツホルダーがスポンサードしてくれているのに……。)

avexとGIRL NEXT DOORがオタクに嫌われる理由がいくつかある気がする。

(1) 劣等感の裏返し
アニオタって、なんだかんだ言ってもメジャーに対するコンプレックスがある。声優CDやアニソンCDのオリコンランキングに一喜一憂したり、音楽TV番組や社会情報系番組での取り扱いで2chやニコ動がいつも賑わっているのをみればよくわかる。
その感情の裏返しとして、大資本を元にヒットを飛ばすavexへの反感は根強い。

(2) CCCDの恨み
数年前、avexは音楽CD売上げ減の理由をPCによる違法コピーにあるとしてCCCDを導入して失敗した。
オタクは執念深いからこういう恨みは忘れない。

(3) day after tomorrowの恨み
GIRL NEXT DOORのキーボード兼作曲担当の鈴木大輔は、数年前に解散したday after tomorrowのメンバーでもあった。day after tomorrowのボーカルだったmisonoは、ゲーム音楽にデビュー当時から関わっているせいか、avexアーチストにもかかわらず、ニコ動内にもファンがいる模様。avexの松浦氏にday after tomorrowを解散させられた恨みがGIRL NEXT DOORに向けられているのは、さすがに可哀想。

(4) 根本的J-POP嫌い
ニコ動見ていると、洋楽好きとアニソン好きは意外と相互乗り入れしていることがわかる。でも「J-POPは金太郎飴だから嫌い」という感じ。ま、昔から多いですよね。
それが、今回の「王道進行」の指摘を背景に「それ見たことか」という感じで一気に爆発した感がある。

で、もうひとつ、嫌われる理由に

(5) 情報開示が下手

という要素も強いと思う。

僕は音楽のことはよくわからんし、「Drive away」のサビはベタだけど結構好きです。
でも、「Drive away」のPVが「Baby One More Time」の劣化コピーなのはちょっと呆れた。

これも、「ブリトニーが好きなので、彼女のデビュー曲のPVのオマージュとして作りました」みたいな事前情報があれば、そんなに反感を買わないと思うのだけど、黙ってやって、あとから指摘されるのは、最悪の展開だと思う。

これに対して、「かんなぎ」のOP(曲名「motto☆派手にね!」)が、中山美穂のドラマ「ママはアイドル」のOP(曲名「派手!」)のパロディになっていることは、ニコ動では非常に好感をもって受け入れられている。
監督のヤマカンこと山本寛(ゆたか)と脚本家の倉田英之がアイドルオタであるという情報開示が伴っているから、アイドルに興味のないオタクでも反発はしないだろう(みんな楽屋落ち大好きだし)。

音楽でも映像でも、どんな分野でも、いまどき完全オリジナルなんてほとんどありえない。
むしろ過去の継続の上に現在があるのは、当然と言えば当然。
その事実をどう露出していくかというのが、オタク層に限らず重要なマーケット手法になってきたんじゃないだろうか(オタクは良くも悪くもオピニオンリーダーだし)。

—-

吹き荒れる嵐のようなGIRL NEXT DOORへの叩きコメントの中にまじって、

「前川センパイ負けないでぇ〜@美織,SHIBATA,果穂」

という一行が流れていた。ボーカルの千紗こと前川千紗の学校の後輩たちだろうか?

彼女たちの想いが、荒れ狂うオタクの心に少しでも届くといいね、と思った。

【ご注意】「かんなぎ」のOPアニメと本編の内容は、まったく関係がないです。

関連記事

投稿者:

ともゆき@zubapita

ともゆき@zubapita

作ったモノ 雑誌:月刊アスキー(デスク)、アスキー.PC(副編集長)、インターネットアスキー(編集長)、アスキーPCエクスプローラー(編集長) Webサイト:東京グルメ/ライブドアグルメ、映画を語ろう、本が好き 著書:「Twitter 使いこなし術」「facebook 使いこなし術」 最近は、株式会社ブックウォーカーにて、「BWインディーズ」をやってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>