MacでWeb開発-(10) XAMPPにQuictyフレームワークを設置

 Quictyは、PHPでWebアプリケーションを敏速に構築するためのフレームワーク。Apache + PHP + SQLite2の環境で動作する。
また、PostgreSQLMySQLにも対応している(MySQLはまだ実験的実装)。

開発の短縮
Quictyで書かれた「Qtビルダー」というアプリ構築ツールが付属し、これをローカル環境のWebブラウザで動作させることで、Webアプリケーションの基礎構造をGUIで作成、編集できる。基本的なPHPのプログラムコードは自動的に生成され、これを修正、加筆していくことでWebアプリケーションを仕上げていく。初心者でも確実に動作するアプリケーションを作成でき、中級者以上は作業量の軽減できる。
さらに、Quictyの中核はPHPのポピュラーなテンプレートエンジン「Smarty」とPEARのクラスライブラリで構成されている。SmartyとPEARの知識があれば、学習コストも削減できる。

運用環境を選ばない
Quicty / Qtビルダーで構築したWebアプリケーションは、PEARライブラリとQucityライブラリがあれば、LinuxやFreeBSDのサーバ上で運用できる。

ここでは、XAMPP for MacOS Xの環境でのQuictyとQtビルダーのインストール方法を紹介する。

インストーラ版リリース!

Mac OS X + XAMPPの環境にクリック一発でインストールできる、Mac OS Xインストーラ版Quictyをリリースしました。 こちらをご利用ください。(2008年5月23日追記)

screenshot_77.bEL5mp2F6P23.jpg

使用したシステム
Mac OS X 10.5.2 Leopard
XAMPP for MacOS X 0.7.2
Quicty 2.0b7
2.0b7からPEARライブラリを同梱し、インストールや設定をより簡易化しました。(2008年5月13日)

運用条件

今回は以下の設定でを運用する。ユーザー名「tomoyun」は各自の環境に合わせて変更する。

Mac OS Xのユーザー名 tomoyun
QtビルダーのDocumentRoot /Users/tomoyun/QT/qtbuilder/htdocs
ドメイン名 quicty.local
Quictyアプリケーションroot /Users/tomoyun/QT

QtBulderのDocumentRootとQuictyアプリケーションrootを「/Users/tomoyun/Web」から「/Users/tomoyun/QT」に変更しました。(※2008年5月6日)

なお、PostgreSQLを使用する場合は、下記の記事を参照。
MacでWeb開発-(2) XAMPP for MacにPostgreSQLを追加

PHPの設定ファイル「php.ini」の修正。

「/Application/xampp/etc/php.ini」をテキストエディタで修正。

・232行目 PHPの実行メモリの制限を32MB~64MBに拡張する。
——————————————
memory_limit = 8M ; Maximum amount of memory a script may consume (8MB)

memory_limit = 32M ; Maximum amount of memory a script may consume (8MB)
——————————————
(設定例)
screenshot_120.RqNt8xX0mC9E.jpg

Quictyのインストール

Quictyのホームページ

http://quicty.zubapita.jp/

右メニューの「ダウンロード」から「最新版」をクリック

screenshot_146.rJes7g7l9JRM.jpg

ダウンロードページに遷移
「Quicty2.0b7.zip」以降の最新版をクリックしてダウンロード。
screenshot_147.ofuFknY40xvE.jpg

ダウンロードが完了。
screenshot_125.448N2dgdfuo4.jpg

「ダウンロードフォルダ」の中に「QT」フォルダができている。
「QT」の中には、さらに「Quicty」と「qtbuilder」の2つのフォルダがある。
screenshot_64.i67mpKj2ApIq.jpg

「QT」フォルダをダウンロードフォルダなどと同じ、ひとつ上の階層に移動させる。
この場合は、「/Users/tomoyun/QT」となる。
screenshot_163.0Mc8t7wHffm8.jpg

「QT」フォルダにWebブラウザから書き込めるように修正する。
「QT」フォルダを選択して、「ファイル」メニューの「情報を見る」を選択。
変更するために、錠前アイコンをクリック。
screenshot_01.mq9x6F24rymw.jpg

パスワードを入力。
screenshot_67.fdHighmkIn5Z.jpg

「共有とアクセス権:」の「everyone」を「読み/書き」にして閉じる。
screenshot_02.tHjDRBIPEEEG.jpg

Qtビルダーのドメインを/etc/hostsに設定

「/etc/hosts」(本体は/private/etc/hosts)をテキストエディタで開いて、以下の行を追加する。
(root権限が必要)
————————————————-
127.0.0.1 quicty.local
————————————————-
(設定例)
screenshot_131.T3y8GklPeAoS.jpg

ApacheのVirtualHostの設定

VirtualHostの設定ファイル「/Applications/xampp/etc/extra/httpd-vhosts.conf」に、QtBuliderのVirtualHostを追加する。

QtビルダーのVirtualHost
※ RewriteRule文内の「tomoyun」は各自のユーザー名に書き換える。
———————————————————–

ServerAdmin tomoyun@mydomain.jp
DocumentRoot /Users/tomoyun/QT/qtbuilder/htdocs
ServerName quicty.local
ErrorLog logs/quicty.local-error_log
CustomLog logs/quicty.local-access_log common
RewriteEngine On
RewriteRule ^/(.*)/(css|errors|img|js)/(.*) /Users/tomoyun/QT/$1/htdocs/$2/$3 [L]
RewriteRule ^/(.*)/(.*)/(.*)/(.*) /Users/tomoyun/QT/$1/htdocs/index.php [L,E=QtRootShift:Yes]
RewriteRule ^/(.*)/(.*)/(.*) /Users/tomoyun/QT/$1/htdocs/index.php [L,E=QtRootShift:Yes]
RewriteRule ^/(.*)/(.*) /Users/tomoyun/QT/$1/htdocs/index.php [L,E=QtRootShift:Yes]

———————————————————–

必要に応じて、XAMPPの管理画面用のVirtualHostも用意する。
下記はMacでWeb開発-(6) XAMPP for MacでWebサイトを運営(VirtualHost) で設定したもの。
————————————————————————————-

ServerAdmin tomoyun@mydomain.jp
DocumentRoot /Applications/xampp/xamppfiles/htdocs
ServerName localhost
ErrorLog logs/localhost-error_log
CustomLog logs/localhost-access_log common

————————————————————————————-

QtビルダーがQuictyアプリケーションを生成するQuictyアプリケーションroot「/Users/tomoyun/QT」は、localhostとquicty.localからのアクセスのみ許可するように設定する。
※ Directory内の「tomoyun」は各自のユーザー名に書き換える。
———————————————————–

AllowOverride None
Options None
Order allow,deny
Allow from localhost
Allow from quicty.local

———————————————————–

(設定例)
screenshot_204.kjokorNwi5Cp.jpg

上の画面の設定は、「MacでWeb開発-(9) XAMPP for MacでSNSを運営(OpenPNE)」の設定に追記をした状態。
(Quictyの設定に関係ない情報は省略してある。)
VirtualHostの設定の詳しい点については、以下を参照して欲しい。

MacでWeb開発-(6) XAMPP for MacでWebサイトを運営(VirtualHost)

設定が終わったら、「XAMPP Control Panel」でApacheを「Reload」する。
screenshot_74.jZnzmobH8JwP.jpg

Qtビルダーの初期設定

Webブラウザで「http://quicty.local/qtbuilder/」にアクセス。
すると、Qtビルダーの初期設定画面「http://quicty.local/qtbuilder/configure/」になる。
「Quictyアプリケーションroot」が「/Users/tomoyn/QT」であることを確認。
Webアプリケーション開発時に、MySQLやPostgreSQLのユーザーとしてデフォルトに設定したいユーザー名がある場合は、各ユーザー欄やパスワード欄を埋める。Webアプリ毎に設定することもできるので、空欄のままでも構わない。
「登録」ボタンをクリック。
screenshot_01.0AEL4wfvuQ59.jpg

Qtビルダーのトップページが表示される。
screenshot_02.zQraFuiaRI3r.jpg

これでQuictyとQtビルダーによる開発の準備が整った。

以上。

関連記事

関連記事

投稿者:

ともゆき@zubapita

ともゆき@zubapita

作ったモノ 雑誌:月刊アスキー(デスク)、アスキー.PC(副編集長)、インターネットアスキー(編集長)、アスキーPCエクスプローラー(編集長) Webサイト:東京グルメ/ライブドアグルメ、映画を語ろう、本が好き 著書:「Twitter 使いこなし術」「facebook 使いこなし術」 最近は、株式会社ブックウォーカーにて、「BWインディーズ」をやってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>