MacでWeb開発-(8) XAMPP for MacでWikiを運営(PukiWiki)

 PukiWikiは、日本でもっとも普及しているWikiシステムで、Apache + PHPの環境があれば動作する。データベースは必要としない。
プラグインによる拡張や、スキンによる表示のカスタマイズが容易なのが特徴だ。
ここでは、XAMPP for MacOS XにPukiwikiをインストールし、Wikiを運用する手順を紹介する。

screenshot_65.PoDj5iV5j1rm.jpg

使用したシステム
Mac OS X 10.5.2 Leopard
XAMPP for MacOS X 0.7.2
PukiWiki 1.4.7_notb

運用条件

今回は以下の設定でPukiWikiを運用する。

Mac OS Xのユーザー名 tomoyun
PukiWikiのDocumentRoot /Users/tomoyun/Web/pukiwiki
ドメイン名 wiki.mydomain.jp

管理ユーザーの準備

PukiWikiを設置するときに、管理ユーザーIDとMD5で暗号化したパスワード、管理ユーザーのホームページのURLが必要になる。
パスワードの暗号化は、ターミナルを起動して、「md5 -s (パスワード)」と入力する。
パスワードが「ps00fa97」なら、以下のように入力する。

————————————–
$ md5 -s ps00fa97
————————————–

実行例)
screenshot_59.Z0nqRUPicwid.jpg

※注意※ パスワードは、自分で必ずオリジナルを考えて設定すること。また意味のある単語は避け、英字と数字の8文字以上の組み合わせにすること。

今回の管理ユーザーの設定

管理ユーザーID tomoyun
管理ユーザーのホームページURL blog.mydomain.jp
パスワード ps00fa97
MD5で暗号化したパスワード c8e1947e992f208b5dce077f1046c56c

PukiWikiのインストール

PukiWikiのホームページ

http://pukiwiki.sourceforge.jp/

から、最新版をダウンロードする。「pukiwiki-1.4.7_notb.(tar.gz|zip)」をクリック。
screenshot_54.dWEN6s7NA0uA.jpg

「pukiwiki-1.4.7_notb.zip」をクリック。ダウンロード画面に遷移し、ダウンロードが始まる。
screenshot_55.0zK8yBXbZg1O.jpg

ダウンロードが完了。
screenshot_56.9JKQHYgHYb68.jpg

「ダウンロード」フォルダの中に「pukiwiki-1.4.7_notb」フォルダが作成される。
screenshot_57.YF37gMGKh1Ec.jpg

フォルダ名を「pukiwiki」に変更し、「Web」フォルダの下に移動する。
screenshot_58.FjMHeXHpcJjJ.jpg

「pukiwiki.ini.php」をテキストエディタで編集する。

・30行目の「(‘PKWK_SAFE_MODE’, 0)」を「(‘PKWK_SAFE_MODE’, 1)」に書き換える。
(セキュリティ対策)
———————————————————–
// PKWK_SAFE_MODE – Prohibits some unsafe(but compatible) functions
if (! defined(‘PKWK_SAFE_MODE’))
define(‘PKWK_SAFE_MODE’, 0);

// PKWK_SAFE_MODE – Prohibits some unsafe(but compatible) functions
if (! defined(‘PKWK_SAFE_MODE’))
define(‘PKWK_SAFE_MODE’, 1);
———————————————————–
(設定例)
screenshot_61.DhCFc45TYDl9.jpg

・123行目の「anonymous」を今回の管理ユーザーID「tomoyun」に書き換える
———————————————————–
// Site admin’s name (CHANGE THIS)
$modifier = ‘anonymous';

// Site admin’s name (CHANGE THIS)
$modifier = ‘tomoyun';
———————————————————–

・126行目の「pukiwiki.example.com」を今回のホームページURL「blog.mydomain.jp」に書き換える。
———————————————————–
// Site admin’s Web page (CHANGE THIS)
$modifierlink = ‘http://pukiwiki.example.com/';

// Site admin’s Web page (CHANGE THIS)
$modifierlink = ‘http://blog.mydomain.jp/';
———————————————————–
(設定例)
screenshot_60.0InUgMCmzV4z.jpg

・193行目の「!」をMD5で暗号化したパスワードに書き換える。
———————————————————–
// Default: always fail
$adminpass = ‘{x-php-md5}!';

// Default: always fail
$adminpass = ‘{x-php-md5}c8e1947e992f208b5dce077f1046c56c';
———————————————————–
(設定例)
screenshot_62.N1ZKdaMXfSKx.jpg

ApacheのVirtualHostの設定

VirtualHostの設定ファイル「/Applications/xampp/etc/extra/httpd-vhosts.conf」に、PukiWikiのVirtualHostを追加する。

PukiWikiのVirtualHost
———————————————————–
<VirtualHost *:80>
ServerAdmin tomoyun@mydomain.jp
DocumentRoot /Users/tomoyun/Web/pukiwiki
ServerName wiki.mydomain.jp
ErrorLog logs/wiki.mydomain.jp-error_log
CustomLog logs/wiki.mydomain.jp-access_log common
</VirtualHost>
———————————————————–

(設定例)
screenshot_63.5dcPhbyRBbtM.jpg

上の画面の設定は、「MacでWeb開発-(7) XAMPP for Macでブログを運営(WordPress)」の設定に追記をした状態。
VirtualHostの設定の詳しい点については、以下を参照して欲しい。

MacでWeb開発-(6) XAMPP for MacでWebサイトを運営(VirtualHost)

設定が終わったら、「XAMPP Control Panel」でApacheを「Reload」する。
screenshot_64.2eHliPqUuLu2.jpg

PukiWikiの動作確認

Webブラウザで「http://wiki.mydomain.jp/」にアクセスすると、PukiWikiのフロントページが表示される。
フロントページの「編集」をクリック。
screenshot_65.L1T5qz469HPb.jpg

「編集できません」と表示されるの「凍結解除」をクリック。
screenshot_66.DjZFVFjLi9f8.jpg

管理ユーザーのパスワード「ps00fa97」を入力して「凍結解除」をクリック。
screenshot_67.HK6qyPd8oT4q.jpg

編集画面になるので、内容を編集したあとに「ページの更新」をクリック。
screenshot_68.uSUM9x3d6xQO.jpg

ページが更新され、FrontPageが表示される。
イタズラに備えて、更新が終了したら「凍結」をクリックしてパスワードを入力し、ページを編集できないようにしておく。
screenshot_69.79pclb8UWb2c.jpg

新しいページを追加したいときは、「新規」をクリック。
ページを削除するときは、すべてのテキストを削除してから、ページを更新すればいい。
詳しくは、PukiWiki内のヘルプに必要な情報が網羅されているので、そちらを参照してほしい。

以上。

関連記事

関連記事

投稿者:

ともゆき@zubapita

ともゆき@zubapita

作ったモノ 雑誌:月刊アスキー(デスク)、アスキー.PC(副編集長)、インターネットアスキー(編集長)、アスキーPCエクスプローラー(編集長) Webサイト:東京グルメ/ライブドアグルメ、映画を語ろう、本が好き 著書:「Twitter 使いこなし術」「facebook 使いこなし術」 最近は、株式会社ブックウォーカーにて、「BWインディーズ」をやってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>