MacでWeb開発-(5) XAMPP for Macの管理画面へのアクセス制限

 XAMPPの管理画面に、外部のコンピュータからアクセスできないようにする方法を紹介する。

 Apacheの設定ファイル「/Applications/xampp/etc/httpd.conf」をテキストエディタで編集する。
 管理画面のHTMLファイルが置かれているDocumentRoot(/Applications/xampp/xamppfiles/htdocs)へのアクセス制御の設定は、設定ファイル(httpd.conf)の207行目から235行目に書かれている(インストール直後の場合)。

screenshot_07.Pffuvxz1GFVu.jpg

 このうち233行目の「Allow form all」を書き換えることで、アクセス元を制限できる。

————————————————
Allow form all

Allow from localhost
————————————————

screenshot_11.LBNiz0YTstWJ.jpg

変更を保存し、「XAMPP Control Panel」でApacheを「Reload」する。
screenshot_09.EFL96tYYFmQg.jpg

これで、外部のコンピュータからのリクエストは、弾かれるようになった。
(下の画面はXAMPPが動いているMacのIPアドレスが192.168.1.105の場合)
screenshot_10.uJriBYVbaFOe.jpg

内部から(XAMPPが動いているMac自身から)のアクセスは可能なままだ。
screenshot_12.8FpQ20JQf50z.jpg

これで、外部から管理画面にアクセスされる危険はなくなった。
もし、内部からのアクセスを誰でもできるような場合(XAMPPが動いているMacを誰でも触れる場合)は、内部アクセスにもパスワードを設定したほうがよい。

以上。

関連記事

関連記事

投稿者:

ともゆき@zubapita

ともゆき@zubapita

作ったモノ 雑誌:月刊アスキー(デスク)、アスキー.PC(副編集長)、インターネットアスキー(編集長)、アスキーPCエクスプローラー(編集長) Webサイト:東京グルメ/ライブドアグルメ、映画を語ろう、本が好き 著書:「Twitter 使いこなし術」「facebook 使いこなし術」 最近は、株式会社ブックウォーカーにて、「BWインディーズ」をやってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>