MacでWeb開発-(2) XAMPP for MacにPostgreSQLを追加

XAMPP for MacOS Xのデータベースは、MySQLSQLiteが入っているが、PostgreSQLが入っていない。
そこで、PostgreSQLをソースからインストールし、XAMPP for MacOS XのPHPから利用できるようにする。

(※PostgreSQLのインストールには、「Xcode Tools」が必要です。Mac OS XのインストールDVDに入っています)

【XAMPP for MacのDeveloper Packageをインストール】

XAMPP for Mac OS Xのホームページ

http://www.apachefriends.org/en/xampp-macosx.htm

「Developer Package」をダウンロードする。
screenshot_33.ZluEsnJehXLk.jpg

ダウンロードが始まる。

screenshot_34.iuE8bHpueWiy.jpg

ダウンロードが完了。

screenshot_35.uEW9FmBtaNkt.jpg

ファイルをデスクトップに移動する。
ターミナルを起動し、以下のコマンドを入力。

—————————
$ tar xf xampp-macosx-0.7.2-dev.tar
$ sudo cp -R xampp/* /Applications/xampp/xamppfiles/
—————————

screenshot_36.gwb8SNtEIico.jpg

【PostgreSQLのインストール】

「システム環境設定」の「アカウント」で「postgres」アカウントを作成する。

screenshot_40.co4el37LxVfr.jpg

screenshot_41.E7jB9rNLMjJp.jpg

PostgreSQLのホームページ

http://www.postgresql.org/

「8.3.1」の「Source」をクリック。

screenshot_37.5FYDY83m4IPJ.jpg

PostgreSQL 8.3.1のダウンロードページ

http://www.postgresql.org/ftp/source/v8.3.1/

「postgresql-8.3.1.tar.gz」をクリックし、サイトを選んでダウンロード。

screenshot_38.MjHL6bg54oPL.jpg

ダウンロードが完了。

screenshot_39.hUeS0JCKWImO.jpg

ファイルをデスクトップに移動する。
ターミナルを起動し、以下のコマンドを入力。
—————————
$ sudo mkdir /usr/local/src
$ sudo mkdir /usr/local/src/pgsql
$ sudo mkdir /usr/local/pgsql
$ sudo mv postgresql-8.3.1.tar /usr/local/src/pgsql/
$ sudo chown -R postgres:staff /usr/local/src/pgsql
$ sudo chown -R postgres:staff /usr/local/pgsql
$
—————————
screenshot_42.IITV45wJ4RQT.jpg

ユーザー「postgres」になってPostgreSQLをソースからインストールする。
以下のコマンドを入力。
—————————
$ su – postgres
Password:(「postgres」のパスワードを入力)
$ cd /usr/local/src/pgsql/
$ tar xf postgresql-8.3.1.tar
$ cd postgresql-8.3.1
$ ./configure
—————————

screenshot_45.pwXbSWj3TCWA.jpg

screenshot_44.oCswSJskFd8Q.jpg

以下のコマンドでコンパイル、インストール。
—————————
$ make
$ make install
—————————
screenshot_47.eB2yI9t7K03c.jpg

以上で、インストールは完了。

次に環境設定。

~/.bash_profileに環境変数を設定する。

—————————
$ emacs ~/.bash_profile
—————————

(設定内容)
—————————
#
# initial .bash_profile
#
export PS1='[\u@\h \W]\$ ‘
PATH=~/bin:/usr/local/bin:/usr/local/pgsql/bin:”$PATH”
export POSTGRES_HOME=/usr/local/pgsql
export PGLIB=$POSTGRES_HOME/lib
export PGDATA=$POSTGRES_HOME/data
export MANPATH=”$MANPATH”:$POSTGRES_HOME/man
export LD_LIBRARY_PATH=”$LD_LIBLARY_PATH”:”$PGLIB”
—————————

screenshot_46.K3PGdrzIyPqk.jpg

「Ctrl+x、Ctrl+c、y」で保存、終了。

設定を反映。
データベースを初期化(ここでは文字コードをEUC-JPに指定)
—————————
$ source ~/.bash_profile
$ initdb -E EUC-JP –no-locale
—————————
screenshot_48.Z4DgAEV9ghje.jpg

データベースの起動と動作確認
——————————-
$ pg_ctl start
$ psql
——————————-

データベースから抜けるときは「¥q」。

screenshot_50.EoKSgDIfakjj.jpg

【PHPのpg_sqlモジュールのインストール】

PHPのホームページ

http://www.php.net/

右カラムの「Current PHP 5 Stable: 5.2.5」をクリック。
screenshot_32.Z1PdSxRWEzhy.jpg

PHP 5.2.5のダウンロードページ

http://www.php.net/downloads.php#v5

「PHP 5.2.5(tar.gz)」をクリック。ミラーサイトを選んでダウンロード。
screenshot_54.87y2NbBSUGE9.jpg

ダウンロードが完了。

screenshot_55.4Ohvz0Ftritv.jpg

ファイルをデスクトップに移動する。
ターミナルを起動し、以下のコマンドを入力。
—————————
$ cd Desktop
$ sudo mkdir /usr/local/src/php
$ sudo mv php-5.2.5.tar /usr/local/src/php/
$ sudo chown -R tomoyun:staff /usr/local/src/php
$ cd /usr/local/src/php
$ tar xf php-5.2.5.tar
$ cd php-5.2.5/ext/pgsql/
$ /Applications/xampp/xamppfiles/bin/phpize
$ ./configure –with-pgsql
$ make
$ sudo cp /usr/local/src/php/php-5.2.5/ext/pgsql/modules/* /Applications/xampp/xamppfiles/lib/php/php5/extensions/no-debug-non-zts-20060613/
—————————

(2008年5月3日追記)
4行目の「 tomoyun:staff」は、自分のIDに置き換えてください。ここでは「tomoyun」が自分のユーザーIDで、「staff」が自分のユーザーグループです。
Mac OS X Leopardでは、ユーザーのグループは「staff」になります。
Mac OS X Tigerでは、ユーザーのグループは、ユーザーIDと同じになるので、「tomoyun:tomoyun」のように指定します。
(追記終わり)

screenshot_56.0Cxozqu0qxDj.jpg

screenshot_58.w8UFEAmpvL5J.jpg

—————————
$ cd ../pdo_pgsql/
$ /Applications/xampp/xamppfiles/bin/phpize
$ ./configure –with-pdo-pgsql
$ make
$ sudo cp /usr/local/src/php/php-5.2.5/ext/pdo_pgsql/modules/* /Applications/xampp/xamppfiles/lib/php/php5/extensions/no-debug-non-zts-20060613/
—————————

screenshot_59.EU48YV5JWtjU.jpg

screenshot_60.UGvZQgPhzAwH.jpg

設定ファイルの修正

—————————
$ sudo emacs /Applications/xampp/xamppfiles/etc/php.ini
——————————
;extension_dir = “./”

extension_dir = “/Applications/xampp/xamppfiles/lib/php/php5/extensions/no-debug-non-zts-20060613″
extension = pgsql.so
extension = pdo_pgsql.so
——————————

screenshot_61.BkyM4VfGBflJ.jpg

XAMPP Control Panelで「All Components」を「Restart」。

screenshot_62.PlxmoOY1ySNC.jpg

PHPinfo()で「pdo_pgsql」と「pgsql」が使用可能になっていればOK。
screenshot_63.0EvzMzOWIHo8.jpg

【自動起動の設定】

OSの起動時にPostgreSQLが自動的に起動するようにする。

PostgreSQL_startup.tgzをダウンロード。

以下のコマンドを入力
———————————
$ sudo tar xvfz PostgreSQL_startup.tgz -C /
Password : (パスワードを入力)
Library/StartupItems/PostgreSQL/
Library/StartupItems/PostgreSQL/PostgreSQL
Library/StartupItems/PostgreSQL/PostgreSQL~
Library/StartupItems/PostgreSQL/Resources/
Library/StartupItems/PostgreSQL/Resources/Dutch.lproj/
Library/StartupItems/PostgreSQL/Resources/Dutch.lproj/Localizable.strings
Library/StartupItems/PostgreSQL/Resources/English.lproj/
Library/StartupItems/PostgreSQL/Resources/English.lproj/Localizable.strings
Library/StartupItems/PostgreSQL/Resources/French.lproj/
Library/StartupItems/PostgreSQL/Resources/French.lproj/Localizable.strings
Library/StartupItems/PostgreSQL/Resources/German.lproj/
Library/StartupItems/PostgreSQL/Resources/German.lproj/Localizable.strings
Library/StartupItems/PostgreSQL/Resources/Italian.lproj/
Library/StartupItems/PostgreSQL/Resources/Italian.lproj/Localizable.strings
Library/StartupItems/PostgreSQL/Resources/Japanese.lproj/
Library/StartupItems/PostgreSQL/Resources/Japanese.lproj/Localizable.strings
Library/StartupItems/PostgreSQL/Resources/Spanish.lproj/
Library/StartupItems/PostgreSQL/Resources/Spanish.lproj/Localizable.strings
Library/StartupItems/PostgreSQL/StartupParameters.plist
———————————

screenshot_78.fmx1ChwEklUV.jpg

再起動をしてPostgreSQLの動作を確認。
以下のコマンドを入力
———————————
$ ps ax | grep postgres
———————————

実行例
screenshot_79.i848GqkUMDss.jpg

以上。

関連記事

関連記事

投稿者:

ともゆき@zubapita

ともゆき@zubapita

作ったモノ 雑誌:月刊アスキー(デスク)、アスキー.PC(副編集長)、インターネットアスキー(編集長)、アスキーPCエクスプローラー(編集長) Webサイト:東京グルメ/ライブドアグルメ、映画を語ろう、本が好き 著書:「Twitter 使いこなし術」「facebook 使いこなし術」 最近は、株式会社ブックウォーカーにて、「BWインディーズ」をやってます。

“MacでWeb開発-(2) XAMPP for MacにPostgreSQLを追加” への3件のフィードバック

  1. こんにちは
    だいぶ前に、(1)の方で質問させていただいサイトウと申します。
    wordpressにトライしてみようと思い、このページ(2)に飛んで参ったわけですが、
    【XAMPP for MacのDeveloper Packageをインストール】でひっかかりまして、またまた初歩的な質問ですが、教えてください。

    今、Developer Packageが、xampp-macosx-1.7.2-dev.dmg でインストールされておりまして、
    $ tar xf xampp-macosx-0.7.2-dev.tar でcommand not foundになってしまいます。
    簡単なunixも見てみたのですが、どう記述すればいいのでしょうか?
    よろしくお願いします

    サイトウ

  2. サイトウさん

    こんにちは。

    えっとWordPressを使うのに、このページは不要です。飛ばして、すぐにWordPressのインストールに進んでください。
    ちなみにXAMPP for Macの最新版の1.0.1を使えば、PostgreSQLのExtentionも入っているので、このページは本当に不要になってきました。

    あとでアップデートしておきます。

  3. いつも知識がなさすぎな質問ですいません
    そして、素早いご対応ありがとうございます。
    了解いたしました!次へ進んでみます、、、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>