phpPgAdminの導入

PostgreSQLのデータベースをWebブラウザから操作できる「phpPgAdmin」の設置と基本操作

PostgreSQLの操作はターミナル(Windowsではコマンドプロンプト)で行うが、カラム数の多いテーブルを操作したり、日本語を入力するのは、不便だ。

そこで、phpPgAdminを導入する。
PHP 4.1以上(推奨は4.3以上)とPostgreSQL 7.0以上がインストールされた環境なら、簡単に設置できる。


phpPgAdminのWebサイトを開く。

http://phppgadmin.sourceforge.net/index.php

screenshot_01.PeeLWatmRqAV.jpg

「download」をクリック。

最新版のアーカイブをDownlad。
「tar.bz2」、「tar.gz」、「zip」は、圧縮形式が違うだけで中身は同じ。

screenshot_02.JAxljSVj79zy.jpg

ダウンロードしたアーカイブを解凍(展開)する。
phpPgAdmin-4.1.3.zipを解凍すると、phpPgAdmin-4.1.3というフォルダができる。
これを「phpPgAdmin」という名前に変更して、自分のWeb公開フォルダに置く。

Mac OS Xの場合は、自分の「サイト」フォルダ(/Users/ユーザーID/Sites)の中に置く。
screenshot_03.WxpewKDfIW70.jpg

設定ファイル(Web公開フォルダ/phpPgAdmin/conf/config.inc.php)を編集する。

18行目 ホスト名を設定。自分のマシン上で動いているなら「localhost」
$conf[‘servers’][0][‘host’] = ”;

$conf[‘servers’][0][‘host’] = ‘localhost';

33行目から34行目 pg_dumpの実行パス(実行ファイルがある場所)を指定。
下記は、/usr/local/pgsql以下にPostgreSQLをインストールした場合。
$conf[‘servers’][0][‘pg_dump_path’] = ‘/usr/bin/pg_dump';
$conf[‘servers’][0][‘pg_dumpall_path’] = ‘/usr/bin/pg_dumpall';

$conf[‘servers’][0][‘pg_dump_path’] = ‘/usr/local/pgsql/bin/pg_dump';
$conf[‘servers’][0][‘pg_dumpall_path’] = ‘/usr/local/pgsql/bin/pg_dumpall';

screenshot_08.piNrCHPJlTuv.jpg

Webブラウザで、phpPgAdminを開く。

http://localhost/~ユーザーID/phpPgAdmin/

screenshot_06.S1Mf6iuzRD6Z.jpg

「サーバー」をクリック。
screenshot_09.KpWPr4CCWigs.jpg

サーバー名「PostgreSQL」をクリック。

screenshot_10.UKv3eWxdrv1k.jpg

ユーザー名とパスワードを入力してログイン。
ちなみに、パスワードを設定していない場合でも、ダミーの文字列を入力する必要がある。

screenshot_11.kPIV9vm2r6Vr.jpg

表示したいデータベース名を選ぶ。

screenshot_13.ZAflgE1kOBDI.jpg

表示したいスキーマを選ぶ。デフォルトのスキーマは「public」となっている。

screenshot_14.BRJdQhC04PXK.jpg

操作したいテーブルを選ぶ。

screenshot_15.HaufxaEMgaZE.jpg

テーブルのスキーマ(定義)が表示される。

「カラム」のほか「インデックス」や「検査制約」(制約)、「トリガー」なども表示できる。

スキーマの下に、テーブル操作のコマンドが並ぶ。

  • 表示 = テーブルの先頭からデータの一覧を表示(SELECT)
  • 選択 = 検索条件を指定して、一致したデータの一覧を表示(SELECT ~ WHERE ~)
  • 挿入 = データの追加(INSERT INTO)
  • 空にする = データをすべて削除(DELETE FROM)
  • カラムの追加 = テーブルに新しいカラムを追加(ALTER TABLE ~ ADD COLUMN ~)
  • 変更 = テーブルの所有者や名前空間を変更する。

関連記事

投稿者:

ともゆき@zubapita

ともゆき@zubapita

作ったモノ 雑誌:月刊アスキー(デスク)、アスキー.PC(副編集長)、インターネットアスキー(編集長)、アスキーPCエクスプローラー(編集長) Webサイト:東京グルメ/ライブドアグルメ、映画を語ろう、本が好き 著書:「Twitter 使いこなし術」「facebook 使いこなし術」 最近は、株式会社ブックウォーカーにて、「BWインディーズ」をやってます。

“phpPgAdminの導入” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>