日本語URLはSEOに有効?

謎の文字列の正体はキーワードや商品名

前から、ちょっと気になっていること。

WikipediaやAmazonは、検索エンジンに強い=SEOが良く効いている。
これは、「日本語URLの採用」が効果を発揮しているのではないか?

Wikipediaの詳細ページのURL
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8B%95%E7%94%BB%E5%85%B1
%E6%9C%89%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%93%E3%82%B9

Firefoxのアドレス欄での表示
screenshot_13.jpg

Safariのアドレス欄での表示
screenshot_14.jpg

Amazonの商品ページのURL
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%BB
%E3%82%B9%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%81%E3%83%A5-1-un-%E5
%88%9D%E5%9B%9E%E9%99%90%E5%AE%9A%E3%83%90%E3%83%AC
%E3%82%A8%E9%9F%B3%E6%A5%BD%E5%8F%8E%E9%8C%B2CD%E4
%BB%98-%E5%8A%A0%E8%97%A4%E5%A5%88%E3%80%85%E7%B5
%B5/dp/B00007B8XW

Firefoxのアドレス欄での表示
screenshot_11.jpg

Safariのアドレス欄での表示
screenshot_12.jpg

IE6やFirefoxで見ると、無意味な文字列に見えるが、MacのSafariで見ると、一目瞭然。
UTF-8でエンコードされた日本でURLが記述されているのだ。
Amazonも、Wikipediaも、titleタグとURL内の日本語が完全に一致している。

昨年、SEOを請け負う会社にいたという、HTMLコーダー(マークアップエンジニア)の方に、
「Amazonの日本語URLは、SEOに有効なんですか」
と質問したが
「確たることは言えない」
というような、返事だった。
ネット上でも、これについての議論はまだ少ない。

それでも探してみたところ、以下のような考察があった。

日本語URLを導入するアマゾンの狙いはSEO?:渡辺隆広のサーチエンジン情報館 – CNET Japan

アマゾンは最も効率的にSEO(検索エンジン最適化)を実行している企業の1つです。
(中略)そんなアマゾンが最近新たに取組み始めたSEOの一環であろう取組みが「URLの日本語化」です。

SEO対策にはUTF-8(文字コード) | WordPressカスタマイズメモ【企業ホームページ制作方法】

WordPressに限ったことではないが、SEO対策をしたいなら文字コードはUTF-8、さらに日本語ドメインでの運用にも目を向けたほうがいい。
(中略)そしてさらにGoogleの検索結果でも、しっかりとURL上の該当キーワード「アウトレット」も太字表示されている…つまり検索対象になっている。

要約すると、日本語URLは、Googleにしっかり認識されているし、それ意外にもCTRをあげる効用がある、というものだ。

WordPressで、日本語URLを実現するのは簡単だ。

  1. ページ名を日本語で付ける
  2. ページスラッグは空白のまま入力しない
  3. 「各種設定」→「パーマリンク設定」で、「日付と記事名に基づく表示」を選ぶ。

screenshot_15.jpg

これだけだ。ページ名だけでなく、カテゴリ名も、日本語化されるのは、当ブログを見ていただければ、よくわかる。

手作業でホームページを作る人のために、以下のようなサービスもあるようだ。
日本語URL変換ツール ~ ピュニコード(Punycode)・UTF-8などのエンコードに

日本語URLとUTF-8については、以下が参考になる。
URL の日本語表記について

関連記事

投稿者:

ともゆき@zubapita

ともゆき@zubapita

作ったモノ 雑誌:月刊アスキー(デスク)、アスキー.PC(副編集長)、インターネットアスキー(編集長)、アスキーPCエクスプローラー(編集長) Webサイト:東京グルメ/ライブドアグルメ、映画を語ろう、本が好き 著書:「Twitter 使いこなし術」「facebook 使いこなし術」 最近は、株式会社ブックウォーカーにて、「BWインディーズ」をやってます。

“日本語URLはSEOに有効?” への3件のフィードバック

  1. ピンバック: ma965zda
  2. ピンバック: Puddle Of Mudd Ringtone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>